記憶に残るゴール。

プロ通算87得点の高松大樹が選ぶ自身のベスト5ゴール!

私の知る限りトリニータ史上最も記憶に残るゴールを叩き出した男です。

5位:2004年 アテネオリンピック グループリーグ 日本2−3イタリア

うむ、確かTVで見たような・・・

4位:2001年 J2・14節 大分3−1京都

うん、これは目の前だったので覚えてる・・・

3位:2005年 J1・3節 大分1−0浦和

うっ・・・見たっけ・・・

2位:2000年 J2・12節 山形0−2大分

まあ、これはアウェイだから・・・

1位:2008年ヤマザキナビスコカップ決勝 大分2−0清水

まあ、これも目の前だし。

・・・・うむ。

意外と記憶にない・・・(こらこらネタにしない)

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

nineteen + eleven =