『後藤優介。エースと呼ばれるために』 いやいやJ2でもまだまだできるポテンシャルはあるはず。 昨年のピーク時比べればまだまだ足りてません。 早々にハットトリックとかやっちゃって下さい。 ほんと期待せずにはいられません。