月別: 2019年4月

ありがとう平成。

まもなく平成の時代が終わり、令和の時代へと移り変わろうとしています。 平成元年といえば1989年ですが、任意団体「大分フットボールクラブ」が発足したのが1994年。 Jリーグに加盟したのが1999年(J2元年)。 J1初 […]

試してはいないが使えるかも。

『5月4日(土祝)サガン鳥栖戦、臨時駐車場のお知らせ』 第10節はいつもの参戦者以外の観客が多いと私も予想しています。 その理由として ・九州ダービーで鳥栖から勇んでくる ・10連休で暇を持て余す人がくる ・小中高生無料 […]

思わぬ仕込み。

『清武弘嗣が平成最後に見せたトリニータとの”深い絆”。試合後に語ったのは「感謝と苦悩」』 そういえば最終節はホームでC大阪戦でした。 最終節ですか・・・ 最終節だと何かと意地悪で有名なJリーグが誇る日程くん(マッチスケジ […]

総じて決め手欠く。

◇2019明治安田生命J1リーグ 第9節 C大阪 0-0 大分 (得点:なしよ) うむ、カップ戦も入れて3試合連続でドローとの結果。 双方に言えることですが、決め手を欠いたという言葉以外には出てきません。 ただ、中2日で […]

明日はアウェイでC大阪戦@第9節。

『“湿り”、“スキ”はもういらない。「本当に勝ちたい」(清武弘嗣)』 勝たせません。(きっぱり) 今節のポイントは、カップ戦をターンオーバーしたとは言えチームとしては中2日でアウェイ戦となること。 ルヴァンカップ@名古屋 […]

むしろこちらの方が驚いている。

『実力均衡 上位も気抜けず 今季J1、俊英も続々』 山本昌邦さんの解説や記事は分かり易くて好きです。 どこぞの居酒屋解説やおやじギャグ解説もネタ的には嫌いではないのですが、共感できるとはちょっと違う気もします。 リンク先 […]

所謂もったいない試合。

◇2019JリーグYBCルヴァンカップLC4 大分 2-2 名古屋(得点:三平、後藤) 先に失点したが、前半の良い時間帯にセットプレーからさんぺーのゴールで同点に追いつきハーフタイムに突入。 後半立ち上がりにニューのパス […]

明日はホームで名古屋戦@ルヴァンカップ。

『両者共通の注目点、誰がゴールマウスを守るのか』 平成最後の試合です。 明日の課題は誰が何と言おうと「俺の晩飯は確保できるのか?」です。 そもそもですよそもそも。 仕事が終わってから急ぎドームへかけつけるのです。 それで […]

大分帰宅った!(≧▽≦)

先週から土日を挟み仕事で大分を離れていましたが、Googleランタイムを見たら移動距離が合計3,126kmでした。 日本一周すると約12,000kmだと言われてるので、その距離の約23%くらい。 飛行機4回、新幹線2回乗 […]

だいぶリスペクト。

『G大阪の“後半勝負”に力量差を痛感させられるも、粘り強い戦いで貴重な+1』 そこまで力量差は感じなかったが、だいぶリスペクトされてきたと言うのは同意。 リスペクトされてなければ前半あれほどガンバも引かなかったでしょう。 […]

次あたるときはタコ焼きです。

◇2019明治安田生命J1リーグ 第8節 G大阪 1-1 大分 (得点:オナイウ) いやいやいやいや、ガンバが前半からベタベタに引いてくるとは思いもしませんでした。 おそらく選手も想定外だったと思いますが、それでも先制点 […]

Tを探そう。

『G大阪今野「まとまっている」大分片野坂監督を警戒』 今野さん今野さん。 サッカーは監督がやるもんじゃありません。 選手がやるもんです。 藤本とTT兄弟を警戒しなさい。(LTポーズでしょ) てぃー!てぃてぃー!てぃってぃ […]

疑似餌みたいなものか。

第7節@仙台戦の2得点目がなにかと話題になっていますが、繋いだパス数は計34本だったようです。 どうやら巷ではこの攻撃を「疑似カウンター」と言うらしいです。 併せて、大分のパスサッカーは異質に見えているようで、J3時代か […]

し、しまったノリ遅れた。

『大分トリニータが今季2度目の連勝で3位浮上もサポーターは激おこ?💢💢💢』 もちろんノリの良いトリニータサポーターがこれを見過ごすはずもなく、この怒りマークに全力で乗っかり。 自称「恥も外聞もなくネタにノリまくるトリニー […]

2日でハットトリック達成。

『4月15日(月)トレーニングマッチ試合結果について』 得点 1本目29分 オナイウ 1本目31分 オナイウ 2本目43分 後藤 うむ、約1ヵ月半の沈黙を破りついにオナイウ阿道が目覚めた模様。 覚醒王子も燻っている最中だ […]

再びACL出場圏内ですが、何か?

◇2019明治安田生命J1リーグ 第7節 大分 2-0 仙台(得点:岩田、オナイウ) 今日のポイントは3つ。 ①無失点。 ・前半の苦しい時間帯に我慢しきれたこと。 ・後半15分迄(この時間帯に失点が多い)に失点しなかった […]

明日はホームで仙台戦@7節。

『ここに来て調子を上げてきた仙台。迫力満点のカウンターは要警戒』 そういえば延岡でトレーニングマッチした相手が仙台でした。 45分×4本で1試合目は2-4、2試合目は1-1との結果。 プレシーズンの2月初旬の状態と2ヵ月 […]

自由に性格を変えられます。

『明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP』 シュート決定率38.5%、シュート枠内率79.2%、スプリント回数126。 なんと言っても魅力はポジショニングと決定力。 文句なしでリーグトップのゴール数。 さらに、攻撃 […]

いやまあ、ハイライトですから。

『クオリティーの差を突きつけられての敗戦。収穫の有無は個々の今後に委ねられる』 ハイライトを見る限り、失点シーン以外はさほどクオリティの差を感じないのだが・・・(ハイライトだけだとなんともかんとも) 決定的シーンはあった […]

対峙したまま・・・か?

◇2019JリーグYBCルヴァンカップ 神戸 2-0 大分(得点:なしよ) 『頂点はウェリントンか。威力満点の神戸に臆することなく対峙せよ』 うーむ「対峙」だと睨み合ったままじっと動かないのではないだろうか。 うーむ、も […]

明日はアウェイで神戸戦@ルヴァンカップ

『ともにターンオーバー濃厚。神戸は充実の陣容で大分を迎撃』 王子でしょう。 ここはリーグ戦から少し遠のいている覚醒王子の出番でしょう。 当然のターンオーバーですから何が何でもアピールしておかないと。 C大阪戦に続き今シー […]

次はYBCルヴァンカップ。

4月はリーグ戦の合間に2試合ほどYBCルヴァンカップが入ります。 現在トリニータはCグループで2位。 今週水曜日の神戸戦@アウェイでも勝ち点を持ち帰り、プレーオフステージへと繋げて頂きたいところです。 ルヴァンカップも昔 […]

知者は惑わず勇者は懼れず。

『大分藤本最多6得点に森保監督「チャンス与えたい」』 6戦6発。 J1リーグ6節を終わって得点ランキングトップ。 不足は無い。 無いけども、選ばれたとしても、本人は「入ればラッキー」程度の話しでしかないようです。 そもそ […]

暖簾分け対決を制す。

◇2019明治安田生命J1リーグ 第6節 札幌 1-2 大分 (得点:藤本、藤本で良いんじゃね?(OGです)) 注目された暖簾分け対決は、少々濃いめの味噌ラーメンに対して豚骨ラーメンのまろやかさが上回ったというところでし […]

明日はアウェイで札幌戦@第6節。

『同じ源流から枝分かれした師弟が初対決。極上のエンターテイメントとなるか』 今節のポイントはタイ代表だと思います。 札幌のキープレーヤーであるチャナティップと我らがニューの対決はとても重要なポイントだと思うのです。 そこ […]

アウェイの洗礼。

『注目の“師弟対決”。ペトロヴィッチ監督と片野坂監督が対峙』 J1では一番移動距離のあるアウェイで且つ、まだ肌寒そうな北海道でアウェイの洗礼は受けそう。 その逆で札幌が大分に来るときは梅雨時の7月13日と蒸し蒸しする昭和 […]

そろそろリセットを。

『大分が誇る“和製バーディ”の「ハンパないゴール」をJ公式が投稿「魔法のような…」』 先週土曜日の敗戦で「なんともなんとも」に始まり。 「分かっちゃいるけど解けないんですわ、これがまた」と続き。 エイプリルフールは「こん […]

記憶にございません。

『好調の大分がぶち当たったJ1の”壁”。閉塞感を打ち破るために必要なものとは』 うむ、今週はこの問題が頭から離れません。 先週土曜日の敗戦で「なんともなんとも」に始まり。 「分かっちゃいるけど解け […]

こんな日にこそご指名を!

『森保J「大迫の代わりがいない」以外の新たな課題が明らかになった』 『森保ジャパンで試したい選手は?「個で勝負できる藤本、仲川、古橋はアジア予選でも有用だ」』 他に選択肢があるとは思えません。 もう行っちゃって下さい、行 […]