脱ジメジメ。

猛攻の終盤、まさか カウンター、痛すぎる失点

片さんは「敵地で勝ち点1でも持って帰るプランも選択しなければいけなかった」と申しておりますが、もろもろの状況を鑑みると勝ち点3を取りに行くのは当然かと思う次第です。

昨日から申し上げておりますが、失点以前に得点が取れないことかなぁと。

なにせ今季はこれで10試合目の無得点試合です。

ちなみに昨季42節終了での無得点試合は8試合です。

既に2試合オーバーとの状況。

ただ、総得点は50得点とリーグでも上位です。(昨季は58得点)

つまり、ドーンと景気が良いときと、ジメジメと貧乏くさいときの差が顕著であるとのことです。うん、なるほど。

無論ドーンと派手な方が、ウハウハで見ていて楽しい訳で、そういう試合を増やして欲しいのですが、シーズを通してジメジメがボディブローのように効いてきています。

そこをなんとか。

課題克服には脱ジメジメです!!(表現として如何なものか)