てるてる坊主がきいた模様。

◇2018明治安田生命J2リーグ 第32節

熊本 1-3 大分 (得点:三平、丸谷、藤本)

久しぶりに足を運んだアウェイ、えがお健康スタジアムには雨にもかかわらず1万人超の観客で埋りました。

さすがバト九です。

大分の皆さまも随分と貢献されていました。

さて、試合の方では2連敗中で無得点試合が続いているチーム状況ですから、今節もそう簡単に点は取れないだろうと覚悟はしてたのですが、終わって見れば3得点との結果。

少しラッキーなPKが4試合ぶりの得点となり、先制できたことか大きかったかな。

どんな形であれ先手は大事。

その後追い付かれても粘り強く戦うことができたと思います。

いやまあ、もっとも奇跡的だったのは試合中にほぼ雨が降らなかったこと。

スタジアムに向かう途中はシャレにならないほどの豪雨で、ずぶ濡れ覚悟な雰囲気でした。

雨にもさほど濡れず連敗も止まり、なによりなにより。