うっかり勝ってしまうという期待も一蹴された感あり。

◇2019明治安田生命J1リーグ 第13節

大分 0-1 川崎(得点:なしよ)

今日のポイント3つ

①遅刻は約16分、ひと息ついた頃に失点。
・急ぎ大分に戻るもキックオフには間に合わず約16分遅れで参戦。
・失点が前半28分で、駆けつけ三杯する間もなかったかと。(飲み会ではない)
・失点の場面も隙があったか、経験不足か、庄司と高畑の間が微妙だったかと。

②チャンピオンチームとの差は感じたが、迫力は感じなかった
・要所要所で潰されて隙さえ見せない川崎さん、こちらの隙を後悔しても時遅し。
・勝てない相手とは思わないが、またやっても勝てないかもと思ったかも。(かも)
・要は、戦えているけど上手いことやられて結果的に負けているという感じ。

③ホーム3敗はいずれも相手にシュートを打たせてもらえないこと
・今日もシュート数は4本だった。(敗戦した松本戦は1本、広島戦は5本)
・打てないと言うよりは、打たせてもらえないという焦れったさ。

さすがにチャンピオンチームだけに勝たせてくれなかった訳だが、うっかり勝ってしまうという期待も一蹴された感あり。

前半戦正念場の3戦(川崎、F東京、名古屋)で勢いに乗れず無念である。