概ね楽しまれて文句もございませんでした。

◇2019明治安田生命J1リーグ 第17節

大分 2-0 浦和(得点:藤本、小林)

今日のポイント3つ

①久しぶりにトリニータらしいサッカーが見れたかも。
・リーグ戦6試合ぶりの勝利、クリーンシートも6試合ぶり。
・前節はミス連発で自滅しそうになるもブレずにトリニータサッカーを貫く。
・コパアメリカでの疲れを見せずに智輝が奮闘。72分に怪我で交代したが大丈夫ですかね?(やや心配)

②藤本が6試合ぶりに目覚め、小林が2試合連続弾
・藤本が得点すれば勝ち神話継続、通算8ゴールとしてリーグ2位で前半戦を閉めくくる。
・成豪の弾丸ミドルシュートが圧巻過ぎたから、帰宅して何度も映像見返した。(すげぇーすげぇー)
・オナイウ不在でも攻撃力落ちず。期待の王子が覚醒しなくても成豪が覚醒中。

③リーグ前半戦17試合を終わって4位との結果
・さて、開幕前に最低評価を下したサッカー解説者の皆様、半分終わって4位ですけどなんかある?
・17試合で8勝5分4敗、得失点差+7点、勝ち点29点、なんかある?
・なんかある、なんかある、なんかあーるー?(くどい)。

兎にも角にも完勝で文句はございません。

周作を見たさに雨でもドームに足を運んだうちの嫁も、勝ち試合を楽しみ、最後に大分ゴール裏へ挨拶に来た周作も楽しみ、概ね全てを楽しまれて文句はございませんでした。

おかげさまで良い感じのまま後半戦へ突入です。