なんであろうがメンタル強化。

「擬似カウンター」はどのように生まれたのか?

先日出張先で本屋に立ち寄った際にフットボール批評を立ち読みしようかと思いましたが時間が無かったのでやめたのを後悔しています、こんばんは。(というか買いなさい)

さてさて、記事にもあります通り片さんが言う「メンタルを作っておくことが大事」とは見ている方にも当てはまります。

むしろ、やっている選手より見ている我々サポーターの方が強度のメンタルを必要とします。

ただ、これを見続けると気付くことがあります。

「次第に慣れます」。

自陣でのつなぎでミスしようが相手にボールを持っていかれようが相手にパスしょうが挙句の果てにはオウンゴールしようが、慣れます。(こらこら)

ミスの方が圧倒的に多い訳ですからそれに慣れてきて、疑似カウンターが決まる方が稀です。

要は100のうち1有るか無いかが疑似カウンターです。

それが決まった時にはこの上ない幸せに達します。