遠くて遠くてホントに遠くて。

◇2019明治安田生命J1リーグ 第27節

大分 1-2 磐田(得点:さんぺー@PK)

なんとも勝ち点40迄が遠くて遠くて、目の前なんだけど遠くて遠くて、残り1分ぐらいまでは手がかかっていたんだけども遠くて遠くて。

さてさて、試合を振り返るとこんな感じでしょうか。

①前半の良い感じに攻め込んでいるうちにきちんと決めて先制したかった。

②先に失点したことで後手に回った感は否めない。

③さんぺーのPKで同点に追いつき勢いを取り戻す。

④オナイウと岡野に替えて伊藤と島田の攻撃カードを2枚投入して勝負に出る。

⑤相手ゴールに迫るも最後の詰めが甘くどてうしても勝ち越しができない。

⑥粘る相手に終了間際に押し込まれ最後のワンプレーで痛恨の失点、しかもアシストは昌也とのオチ。

ポイントは④(勝負に出たが点が取れず)からの⑥(岡野交代でポジションを下げた怜の所が最後に甘くなった)とみています。

いやそもそもの①か。

いやいや②からの⑤からの④からの・・・

てな感じで勝ち点40台がなんとも遠いのです。