負けていて いい試合。

あと一歩踏ん張れず

田坂の言う通り、負けていて いい試合は無い。

確かに無い。

勝負の世界は甘くない。

勝ってこそナンボの世界である。

ただ、無いのは承知であるが、ちょっとぐらいあってもいいんじゃないかなと思うときがある。

それは、次に繋げられると感じた場合である。

開幕は不安から始まり、圧倒され続ける時間帯が試合を重ねる度に少なくなっていく。

毎試合失点しているが、得点もしている。

明らかに成長は見て取れる。

新戦力も加わった。

チームとしての戦い方も目に見えるようになり、次に繋がると思えた。

ならば、ならば、ならば、いつ勝つの?

次でしょ!!庶民で流行ってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five × one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください