要は、熱い想いなのだと。

絆と誇り ~大分トリニータ J1昇格の軌跡~

録画しておいたので見ました。

見ましたけど、共感しなかったと言いますかなんと言いますか。

単に私の感覚と違うのだと思いますが、タイトルである『絆と誇り』を感じませんでした。

ま、こういうのはトリニータに限らず、常にチームを見続けた人にシナリオを構成させる方が、良いモノが出来ると思うのです。

熱意あるサポーターとか。

はたまた熱のあるサポーターとか。

あーでも、捏造するサポーターは不可です。

要は、あの手の番組に熱い想いを感じないのです。

想いは大事です。

仮に、私がシナリオを構成するならば、きっときっと最後の最後で「債務超過」とか「戦力ヤバくね」とか、笑えるオチを・・・・(はい、捏造ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

20 + 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください