試しに振り返り1999年。

昨夜は1994年~1999年は”記憶が無い”と言う事で適当に振り返って見ました。

今宵は試しに1999年だけ、思いつくままに振り返ってみたいと思います。

■1999年
・言わずと知れたJ2元年
・私の記憶だと開幕戦はTV観戦(当時OBSかTOSかNHKで放送した)VS札幌@市陸
・延長Vゴール方式だった
・当時はアウェイ試合のスコア情報入手に非常に苦労した
・佐伯運動公園をホームとしてたまに使用、記憶にある試合は甲府サポータが2人だった
・大分の悲劇となったJ2最終節、家庭の事情で市陸に居合わせる事はできなかった
・大分の悲劇を題材にした秋天の陽炎を後に読んだけど、本はどこに行った?
・当時の推しメンはウィル、崔大植、川崎元気、塩川岳人、金本圭太

とまぁ、ふと思い出したものだけをチョイ書きしてみましたが、じっくり振り返るとキリがないかも。

というか、この調子で2013年まで振り返ると、あと2週間はかかりますね。

20周年記念試合が終っちゃいますね、あは・・・

“試しに振り返り1999年。” への2件の返信

  1. i-modeが始まった年ですが、まだi-mode端末持ってる人少ないし、コンテンツも少なかった。

    Jリーグも速報のテレホンサービスやってたけど、更新は15分おきだった気がします。
    現地の人が自宅でPCの前に居る人に電話して得失点選手交代の時に電話して、電話を受けた人が掲示板やチャットに書き込むのが主流でした。
    そもそも家庭もまだ常時接続が普及してなかったけど。
    私は9600bpsでmovaとノートPCつないで現地から書き込んだりしてました。(^_^;

    スカパーがJ2の全試合放送を始めたのは2000年からでしたし。(生放送はほとんど無し。初回放送が火曜日だったり)

    日曜25時頃のNHKBSであった速報J2って10分番組が頼りでしたね!

  2. >Benちゃん
    ああ、そうだね、少し思い出した。
    あの時代のマッタリさが懐かしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

19 − sixteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください