調子に乗って振り返り2000年。

最後までやると2週間かかるのは重々承知です。

しかし、しかしです。

2000年だけは軽くやっとかないとイカンのではないかと、ふと思ったのです。

■2000年
・最終戦は生観戦できたけど2年連続で勝ち点1で昇格を逃す
・浦和のVゴール勝ちを知ったのは市陸のトイレ(浦和の結果待ち状態だった)
・若松大樹と高松大樹の違いが分からないというネタを乱用した
・記憶にある試合はとにかく浦和戦、6月は大雨でのずぶ濡れ観戦、10月は痛恨の敗戦
・当時の推しメンはウィル、川崎元気、塩川岳人、金本圭太、加地亮、吉田孝行、三木隆司
・シーズン終了と同時に何を思ったのかトリニータライフ開設! (≧▽≦)

まぁ、あれから14年ということで・・・

当時はblogじゃありませんが、翌年に作った「わりとトリニータな日々」というコンテンツが今のblogの原型でした。

ほぼ毎日軽めに更新がポリシーだったかな。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 5 =

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.