新戦力のラドン飛来。

20140720a

■2014 J2 第22節
札幌 1-1 大分 (得点:ラドンチッチ)

いつも通りミスからあっさり失点して、普段ならアッサリと負けてしまう訳ですから、それなりに覚悟していた90分頃にラドンが飛来しました。

ブラボー♪

強さと一発を持っている選手とは怖いものです。

ほぼ負けの雰囲気満々だったのですが、いやもうホントに助かります。

まさに高さと強さのヘディングシュートでありました。

それにしても大宮では芝刈りでもしてたのでしょうか。

もう元を取った気分です。

ともあれ後半早々から負けるのと引き分けるのじゃ大違いです。

確実に次の試合に繋がるはずです。

うむ、1日前からとは言え大志は抱いておくものでありますな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve − eleven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください