あるある。

大分は余震を感じなくなってきました。

熊本はどうでしょうか、まだまだでしょうか。

心配です。

さて、今日はちょっと本屋に寄ったのですが、そこで「大分あるある」という本を見つけてパラパラと手に取りました。

そこで衝撃的なことを目にしました。

渋滞にハマったことを「いっすんずりにおうた」と言いますが、あれって大分弁だったんですね。

東京の首都高速でも使っていました。

気づくのに随分と時間がかかったと思います。

衝撃的すぎて、そのままそっと本を棚に”なおして”家に”いぬる”ことにしました。(なぜ最後だけ大分弁?)

One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

nine − five =

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.