配慮感が渋め。

後藤殊勲のハット ラストプレーで決勝弾

16節(前節)引き分けて、今節も引き分けた場合のダメージは超大でしたから、回避したごっちゃんは超殊勲者。

ただ、10人になって一番利いてたのは山岸に代わって入った山口だったような気がします。

人数の少なさを感じさせなかった配慮感が渋かったかと。

今宵はハイライト映像で生ビール2杯はイケますが、ぐっさんの渋さで焼酎がイケます。(はいはい)

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 2 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください