異次元なプレーを希望します。

磨かれたコテの、変わらぬ『内なる熱さ』

正直なところ北九州にいた頃のコテのプレーをあまり見ていません。

大分時代のコテのプレーなら見てました。

なので2012年から時間が止まっていますから改めて2017年にプレーを見てその成長ぶりを堪能できると思うのです。

言わば、昔で止まっていた時間と見ていない時間と新たな時間がつながった瞬間に異次元な空間が生まれると思うのです!(はいはい、もう意味不明ですから)

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

five × 2 =

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.