明日はホームで愛媛戦。

ロングフィードが新たな武器に

昨季の八反田もプレーっぷりが渋めでしたが、今季の鈴木惇もプレーっぷりが渋めでボランチの極みであると思います。

ちなみに「渋い」を辞書で調べて見た所・・・

①柿の渋のような味がする。舌がしびれるような感じだ。
②華やかでなく落ち着いた趣がある。地味で深い味わいがある。
③(渋柿でも食べたような)不機嫌な顔つきだ。にがりきっている。
④けちだ。金品を出し惜しむ。

(三省堂「大辞林」より抜粋)

うむ、決して④ではございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two × four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください