後半怒涛の攻撃を見せるも勝ち越せず。

◇2017 明治安田生命J2リーグ 第34節

金沢 1-1 大分 (得点:伊佐)

終わってみれば、前半が・・・という感じの試合でございました。

ただ、早い時間での失点だった訳で、追いつくのに時間がかかり過ぎ!という感じが否めません。

無論、伊佐のゴールは素晴らしいです。

ただ、あれが無ければ手痛い敗戦だった訳で、攻撃面でのオンとオフのスイッチがイマイチなのと決定力不足は否めません。

なにかと否めませんので引き分けだった訳で、ちょっとここ最近の戦い方を見ていてもクオリティの低さが否めません。

まあ、総じて否めません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください