秋天の陽炎ってヤツですわ。

出張から帰宅したら、修行の契約更新、翼の育成型期限付き移籍、那須川の完全移籍がリリースされていました。

翼にはしっかり育って欲しいと願う訳ですが、ここまでのリリースを拝見する限り、大分FCによる用意周到さを感じます。

もちろんサプライズを期待しつつ、適度に楽しんでいる状態でもあります。

さて、その大分FCにまつわるネタが出回っておりました。

1999年 J2元年の劇的な最終節<前編>

ひと通り読んでみて、J2オリジナル10がJ1を制した意義というよりは、振り返ればすごく長い時間がかかったなぁと思う次第です。

ご存知の通り、J2元年は最終節でFC東京が昇格を勝ち取った訳で、大分は悲劇でございました。

まあでもあの当時の大分市陸も犬飼グラウンドも大好きでしたよ。

要は、泥臭くて貧乏臭い方が大好きだってという事でよろしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eighteen − 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください