ひとまず現状維持。

◇2018明治安田生命J2リーグ 第15節

大分 2-2 山口 (得点:馬場×2)

首位と2位の直接対決ですから、勝てば引き離せるチャンスでもありますが、まあ、世の中そう甘くはない訳です。

試合の入り方も慣れた3バックということで、前節よりはスムーズに感じました。

全般的に見て、終始圧倒された記憶は無いですが、結構な圧力で押し込まれた記憶はあります。

ただ、馬場の先制、勝ち越しと、常に相手より先手を取り、ひっくり返されることが無かったことで粘れたと思います。

もし今日勝てるとしたら3点目が必要だった訳ですが、両チームとも1試合平均1.9得点のチームデータがそのまま素で出たとの結果。(シュート数も大分が10本で、山口が14本で概ね平均データと同等)

要は、双方ともに平均データ的な試合をした結果が、引き分けだったということで丸く収めておきたいと思います。

ちょっと気になったのが馬場と林の2枚替えのところ。(2枚替えの意図)

今日の片さんコメントには無かったので、明日にはアップされるだろう闘う言葉で要確認。