20年を振り返る,わりとトリニータな日々

2010年は久々のJ2で年間36試合で10勝15敗11分(勝ち点36)との結果。

J2降格により西川、ホベルト、深谷、エジミューソン、森重、金崎、ウェズレイ、家長、高橋(大)、上本、清武と、主力メンバーの大半が抜けてしまい ...

20年を振り返る,わりとトリニータな日々

2009年は年間34試合で8勝20敗6分(勝ち点30)との結果。

第4節から14連敗をしてしまい、第30節のアウェイ京都戦でJ2降格が決定。(結果的に17位で終える)

このシーズンはピッチの芝が最悪に始まり(途 ...

20年を振り返る,わりとトリニータな日々

2008年は年間34試合で16勝10敗8分(勝ち点56)との結果。

リーグ戦を4位で終え、後にも先にもJ1最高の順位で終わる。また、カップ戦のナビスコ杯で優勝し、念願のJ1初タイトルを獲得した年でもある。

この ...

20年を振り返る,わりとトリニータな日々

昨夜の7年目の振り返りにて、宿敵お犬様を題材にblog書かせて頂きましたが、当時の記録(blog)は残ってないものの、何故だか彼女が書かれた絵がPCに残っています。

当時はいつも”勝手に”挑戦して負けてしまうという繰り返し ...

20年を振り返る,わりとトリニータな日々

2007年は年間34試合で12勝5敗17分(勝ち点42)との結果。

リーグ戦14位との結果で終わり、あまりパッとしないシーズンだった記憶がある。(翌年の2008年が目覚ましいこともあるが)

金崎夢生がルーキーイ ...

20年を振り返る,わりとトリニータな日々

2006年は年間34試合で13勝8敗13分(勝ち点47)との結果。

順位も8位とJ1昇格から4シーズン目で安心・安定した成績を残せるようになってきた。

いまや人気?Youtuberとなった高松大先生が攻撃陣を牽 ...

20年を振り返る,わりとトリニータな日々

2005年は年間34試合で12勝15敗7分(勝ち点43)との結果。

J1昇格して3シーズン目で初の2桁勝利、得失点差+1を記録している。

チームは開幕から下位に沈み迷走したものの、皇甫官解任後に第23節から指揮 ...

20年を振り返る,わりとトリニータな日々

2004年はJ1も前期/後期制が最後の年。

年間30試合で8勝16敗6分(勝ち点30)との結果。

2年生となり慣れもあったのか前年の03シーズンより勝ち点は+4点積み上げて、年間13位との結果。(16チーム)

20年を振り返る,わりとトリニータな日々

2003年はJ1初参戦。

当然ながらJ1の高い壁に苦しむ訳で、リーグ戦の成績は年間30試合で5勝14敗11分(勝ち点26)との結果。

前期・後期制で前期は16チーム中で14位、後期は16位。

年間5 ...

20年を振り返る,わりとトリニータな日々

2002年は念願のJ1昇格とJ2優勝を果たした年。

年間44試合で28勝6敗10分(勝ち点94)。

第41節のアウェイ@大宮戦でJ1昇格を決めているが、開幕から6連勝のスタートダッシュ、第8節から第22節まで負 ...

20年を振り返る,わりとトリニータな日々

2001年といえばドーム元年。

大分スタジアムのこけら落としは5月26日@京都戦ですが、監督がノブリンからコバちゃんに(成績不振で)引き継がれたのは5月19日@水戸戦から。

当時のノブリンはそんなに悪い成績だっ ...

20年を振り返る,わりとトリニータな日々

世の中は新型コロナウィルス一辺倒ですし、Jリーグも延期ですし、感染拡大阻止に同意ですし、自宅でおとなしく時間を潰す以外に思いつきません。

そのまあ、思いつきのついでに頭を過ぎったのが「そういえばトリライも20年目だよね」で ...