わりとトリニータな日々

千葉の七度目の“挑戦”。エースを抑え、エースを生かせ

振り返るとフクアリには2015年10月18日に行ったのが最後です。

まあそのなんと言いますか、J2残留できなかったシーズンでして、試合結果も2-2の引き分けでございました。

しかも勝っていたのにPKで失点して引き分けとの結果。

今季も色々とPKには泣かされている訳で、当時のblogを見返してもグチグチと愚痴っている訳です。

全くと言って良いほど幸せな想いをしたことがないスタジアムの筆頭であるフクアリ。

だからこそ、今度こそ、幸せな想いが出来そうなフクアリ。

ごっちゃんがまた爆発しそうな予感がするフクアリ。

是非とも明日は今季初の3連勝を成し遂げて頂きたい。

・・・いやマジでフクアリ行きたい。

わりとトリニータな日々

Jリーグで一番速い日本人は?

レイチェルご本人がtwitter上で今現在50m5秒7は疑問との事です。

まあでも速さは観ているこちらからするとワクワク感を抱けます。

ちなみに韋駄天は仏教の仏の神です。

ちなみに韋駄天が釈尊のために方々を駆け巡って食物を集めた由来から御馳走(ごちそう)という言葉が出来たそうです。

以上、雑学でした。(はいはい)

わりとトリニータな日々

DAZNがJ2第20節の週間ベストプレーヤーを発表

ハットトリックなのでごっちゃんがどーんと写真付きで出ているのは妥当かと。

鈴木も渋めで妥当かと。

いつも全ポジションとも我らがチームのメンバ写真で並んで欲しいと願っている訳ですが、なかなかそうなりません!(それだと単なる選手紹介ですな)

わりとトリニータな日々

“J1・J2入れ替え戦”が18年より10年ぶりに復活!!

Jリーグは“入れ替え戦”の再導入が検討されたことについて、「J2の3枠目で昇格したクラブが相対的に見て、残留ラインからかなり離れて戻った事実がある。

うん、心当たりがある。(こらこら)

そもそもバランスや公平感が保てるかどうかは別として、入れ替え戦というのは勢いのある方が有利だと思うのです。

カテゴリが違うとは言えJ1の下位とJ2の上位では勢いがチト違うと思うのです。

2004年から2008年の結果を見てもJ2の3位が3回昇格しており、J1の残留を上回っている訳です。

ええ、そうですJ3の上位とJ2の下位じゃ全く勢いが違いましたから、それで2015年シーズンのあの結果ですよ、ええそうですよ。(急にグレない)

わりとトリニータな日々

後藤2度目ハット 守備陣も奮起8位浮上

そういえば、浮かれすぎて忘れていましたが、リーグ戦9試合ぶりの無失点試合でした。

リーグ戦も次節(21節)が終わると折り返しになりますが、現時点で8位との地味さが良い具合です。

29得点、22失点ですから、やや失点が多いのは否めませんが、昨日の4得点で無失点は大きかった。

これからもコツコツ地味に積み上げれば終わる頃には結構なことになっているのが理想です。

次節は今季3度目のチャレンジとなる3連勝狙いでありますが、アウェイで且つ、相性の悪いお犬様が相手。

今度こそは成し遂げて頂きたい。

わりとトリニータな日々

◇2017 明治安田生命J2リーグ 第20節

群馬 0-4 大分 (得点:後藤、後藤、後藤、伊佐)

アウェイで少々苦戦するかなぁと思っていましたが気分爽快の大勝となり何よりです。

ごっちゃぁぁぁぁんが今季2回目のハットトリックですから、いやまあ爆発力はあるなぁと。

まあでも試合内容は相手に押されてた感は否めない訳なのに何故だか大量点で勝てしまう日ってこんなものかも知れません。

さて、次もアウェイです。

浮かれず気を引き締めなければなりません。

なにせ前回ごっちゃんがハットトリックした時はアホみたいに浮かれて浮かれてそのあとは5試合も勝てないとのオチ・・・

うーむ、さて今回は如何に。

わりとトリニータな日々

何も言うことはございません。

連勝あるのみです。

負ける要素があるとは思えません。

唯一心配なのはアウェイが苦手ということのみですが、そこは気合いで乗りきって頂きたい。

何事も最後は精神論がものを言うのです。(2日連続の締めくくりで何より)

わりとトリニータな日々

再びアクセルを踏みたい群馬

さて、週末です。

天皇杯が水曜日にあったので結果を出した選手も含めて遠征メンバーがどうなるか少し興味が沸いてます。

当然ながら前節ホームで勝った勢いを持ち込みたい訳ですが、リーグ戦6敗のうちアウェイで4敗していますから、やっぱアウェイは苦手。

関東とは言え、群馬の場合は移動負担が少しだけ上乗せされると思うので、どこまでコンディションを整えられるかも大事。

あとは気合ですかね。

いやまあ、前節の勝利を生かす為にもここは連勝と行きたいところであります。

要は気合で。(結局精神論ね)

わりとトリニータな日々

トリニータ4発 先発10人入れ替え 好機きっちり

結局、昨夜のゴールは坂井、伊佐、伊佐、姫野で正解だった模様。

大分オフィシャルサイトが混乱しすぎだったかと。

今度から他サイトの方が正しいと思いましょう。(こらこら)

さて、天皇杯3回戦の柏戦は大銀ドームと決定したようなので生観戦できそうです。

7月は仕事とプライベートの都合でホーム観戦の調整が苦戦しておりまして、今のところリーグ戦の生観戦が厳しいなと。

まあでも、DAZNの場合はタブレットを持ち歩けばどこでも観れるのが利点であります。

わりとトリニータな日々

◇第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦

町田 2-4 大分 (得点:坂井、国分?伊佐?、伊佐、姫野??)

なんだかJ3時代に戻ったみたいで、ネットのテキスト速報にかじりついていましたが、ターンオーバーだったにもかかわらず町田と打ち合った模様。

ただし、大分のシュート数は5本で4得点の確率8割だった模様。

ゴールした選手も大分オフィシャルと天皇杯サイトで食い違ってて、もうゴールしたのは誰でも良いやって感じの模様。

町田名物の山登りも無難にこなした模様。

なんだかんだで次はJ1リーグ戦で首位の柏が相手の模様。

以上、ネット情報からの妄想と推測でございました。

(まあ、勝ったから良いや)