わりとトリニータな日々

◇2017 明治安田生命J2リーグ 第38節

松本 0-2 大分 (得点:岸田、松本怜)

上々です。

試合内容について、なんら問題はございません。

松怜のゴールなんて思わずきゃーっと言う悲鳴とともにシビレちゃいました。(素敵)

もしかすると昨年同様にLAST5は無類の強さを発揮するのかも知れません。

その匂いがプンプンする試合だったではありませんか、皆様!

いやもうするかも知れないとかそう言う次元じゃなくて、して、お願い。

このまま怒涛の5連勝で今季を纏めることで確実なPO圏内を勝ち取れると思うのです。

さあGoGo5連・・・あ、次は千葉ですね千葉。

あ、はいはい、天敵のお犬様ね・・・orz

わりとトリニータな日々

勝ちたい、いや、勝たねばならないのですが、ここのところ引き分けが2試合続いているので雰囲気的には〇〇〇〇な感じです。

おそらく〇〇〇〇なのです。

いやでも〇〇〇〇だとしても普段は〇〇〇〇ですから〇〇〇〇だと思うのです。

いやいや〇〇〇〇は〇〇〇〇です。

あ~でも〇〇〇〇は・・・(はいはい、勝てるように祈りましょうね)

わりとトリニータな日々

前節大敗の松本、イヤな流れは緑に染まるアルウィンで断ち切る!!

さて、今週末は松本戦@アウェイです。

5月にホームで戦った時を思い返すと、さほど苦手にしたとは思っていません。(結果はスコアレスドローでした)

ただ、残り5試合で厄介な相手のひとつに違いありませんし、アウェイですし、片さんが如何なる戦略を用いるかが注目であります。

願わくば、相手に前節のダメージが残っていれば立ち上がりに隙ができるような・・・(千葉に1-5で敗戦)

いやまあ、フクアリで5失点もすると犬の怨念に憑りつかれて当分はダメージが残るんですけどね。(経験者は語る)

わりとトリニータな日々

ネットやtwitterで話題になっていたので気にはなっていました。

折り鶴を3D化したグルージャ盛岡のマスコット

賛否両論あろうかと思いますが、私は評価しています。

その勇気とビジネス精神に。

なにせ折り紙まで売りものにしてしまい折れない心との言い回しでサポーター心を揺さぶっています。

キヅール折紙50枚+クリアファイル1枚で3000円とのこと。(高っ!)

さらに、キヅール1日イベント招致権なるものがあり、会社や自宅のイベントに呼べるそうです。仮に九州まで呼ぶと320,000円也。

ここまでくると感激します。

うむ、売れるかどうかは別としてどこぞの亀さんより商売上手です。

見習うべし。

わりとトリニータな日々

プレーオフ進出に向け、皆さまのより一層のご声援のお願い

言わずもがなでございまして、当然ながら年間を通して「ご声援」は欠かしたことがございません。

おそらく大分トリニータを愛するサポーター皆々様は日々営業マン精神で過ごしているに違いありません。

千客万来!千客万来!

なので5連勝!5連勝!(あ、やっぱそこね)

わりとトリニータな日々

5連勝の栃木がJ2昇格へまた一歩前進…

ちょいちょいJ3の結果は拝見しておりますが、昨季この時期に失速した栃木が好調な様子。

昨年、LAST5の時点で首位の栃木と勝ち点差が5点あったのですが、29節で首位を奪還して最終節(30節)で昇格を決めたと記憶しています。

無論、昨季のLAST5は全部勝つ意気込みでございました。

従いまして、今季もLAST5を如何に戦うかという時期になってきた訳です。

ま、素で今季も5連勝狙いですかね。

というか、最低3つ、いや4つは勝たないとPO圏内に届かないかなと。

わりとトリニータな日々

チーム成熟 手応え

いやまあ、結構前から手応えだけはあるんですけどね。

やっぱ負け(10敗)よりも引き分け(12分)の数がの方が多くて、何試合かは勝ち切れない試合があっての9位近辺という位置だと思うのです。

クオリティもまだまだかなと。

成熟というよりは、いまだに修行中で日々精進しておりますという感じでしょうか。

もちろん私も観戦しながら滝にうたれている気分でございます…

わりとトリニータな日々

◇2017 明治安田生命J2リーグ 第37節

大分 1-1 福岡 (得点:さんぺー)

前半だけでいうと、ちゃんと対策してちゃんと準備してちゃんと戦ったという感じで、後半になると、ちゃんと対策されちゃってちゃんと後手に回ってちゃんとほころびが出ちゃうと言った感じでよろしかったでしょうか。

いやまあ、ちゃんとしていると言えばちゃんとしている。

ただ、正直なところ後半の方が圧倒的に面白かった訳です。

後半は立ち上がり早々から耐えきれずに失点はしたものの、伊佐とコテの2枚のカードを切ってから変化が出始めた訳で、勝ち越せなかったのは残念ですが、最後まで楽しめました。

片さんがおっしゃる通り悪いゲームじゃなかっすよ。

勝てなかっただけ。(負けそうでもあったけど)

さて、今季もラスト5試合。

まだPO圏内に手が届く可能性はある訳ですから、当然ながら最後まで諦めません。

わりとトリニータな日々

昇格争い続ける両者が激突。大分の課題は“戦術の要”の穴埋め

ちょっとパソコンを立ち上げないとメールが大量に溜まっていて処置するのに手間取りました、こんばんは。

なんだかんだで残り6試合、明日はなんとかホームへ足を運べそうです。

さて、久々のホーム生観戦ですから、福岡相手に防戦一方なのは勘弁して頂きたい。

鈴木惇さまが出れないのは開幕戦から分かっていた訳ですから、準備は万端です。

相手も自動昇格狙いでしょうが、当方もここで落とすとヤバイので自ら勝ち取るしか方法はございません。

我らがチームには、したたかな試合を御披露して頂けると心から信じております。

あ、でも、つい最近、後半から急に信じられなくなった思い出が無い訳ではありません・・・

わりとトリニータな日々

2点先制しておきながら、3失点してロスタイムに追いつくだなんて日本代表もトリニータも変わらないねと思った方々、こんばんは。

急に多忙に陥り、ホームに足を運べていませんが、トリニータも日本代表も映像では拝見しております。

いやまあ、どっちも変わらんなと。(スコア的に)

岐阜戦で勝ち点1しか取れず、残り6試合で次節(福岡戦)がヤマ場って雰囲気になってまいりました。

なんとか次節はホームへ足を運びたいと願うばかりです。(というか、なんとか行きましょう)