わりとトリニータな日々

第35節は台風の影響で讃岐VS町田、徳島VS甲府の試合が延期となり、当分は暫定が続くものの大分は2位となりました。

で、本日のJ2注目試合は山形VS松本だった訳ですが、総じて山形Good Job!

家に閉じ込められて暇だった訳で試合を見ていましたが、松本は後半ロスタイムに追いつかれ、最後に得たPKも止められて負けに等しい引き分けとの結果。

これで首位松本との勝ち点差は2と縮まりましたよ。

町田の消化試合が2試合少ないので他力感は残りますが、町田と対戦する37節がひとつ目の山場で、松本と対戦する39節がふたつ目の山場。

まあ、その前に36節で対戦する京都が熊本相手に大勝しているので要注意。

纏めとしては、ひとつひとつコツコツと。

わりとトリニータな日々

◇2018明治安田生命J2リーグ 第35節

水戸 1-2 大分 (得点:伊佐、藤本)

なんとか粘り勝ち。

この時期でこの状態なものですから勝ち以外に価値はございません。

にしても藤本。

4連勝中に6得点の荒稼ぎ。

神話レベルです。

さて、残り7節でどこまで勝ち点を伸ばせるか、一戦必勝で行きましょう。

わりとトリニータな日々

見どころ

残り8節。

いやまだ8節ある。

ここまでくると1戦必勝がよろしいかと思います。

ひとつひとつ目の前の試合に集中して色々考えない。

あーでも、考えちゃう。

あーでも、そろばんはじいちゃう。

あーでも、捕らぬ狸の皮算用しちゃう。

あーあーあー(うるさい!)

わりとトリニータな日々

リベンジを果たし、“可能性”を切り拓け!水戸、成長を見せるとき

いよいよ35節に突入いたします。

今節の相手は水戸。

前節、新潟に負けるまでは、千葉、岡山に競り勝ち、町田、松本に引き分けて、横浜FCにも勝って5試合負けなしで要注意だった水戸。

条件付きながらJ1ライセンスを得たこともあり士気が上がるとみてやっぱり要警戒。

前回の対戦は3月ですし、あまり構えても仕方がなくて只今好調の攻撃陣にガンガン行ってもらった方が良いかもしれません。

とにかく取れるときに取りまくるべし。

わりとトリニータな日々

本日の結果

◎京都 1-0 福岡 (≧∀≦*)

本日に限り京都支持派としましては、満足な結果でございます。

いやまあ、満足というよりはTargetがより明確となり、町田とあたるまでは負けちゃならないこと。

そして、松本とあたるまでは離されないことで、可能なら勝ち点差を3以内にしておくこと。

言うは易く行うは難しであること承知。

なのでまずは水戸戦、水戸戦。

わりとトリニータな日々

足踏みが続く京都。いまこそ“1本のセットプレー”に力を

明日はJ2第22節の残り試合(京都VS福岡)が開催されます。

この試合はJ1昇格に手がかかりそうなチームのサポーターと、J3降格を避けたいチームのサポーターにとっても注目されている試合。

当然ながら、J1昇格に手がかかりそうなチームのサポーターは京都を応援。

はたまたJ3降格を避けたいチームのサポーターは福岡を応援との様相。

無論、京都支持派ではありますが、痛み分けでも御の字と認識しております。(ほどほどに穏便に丸く収めて頂ても・・・)

わりとトリニータな日々

34節を終えて首位松本まで勝ち点4差との結果。(まあ、どちらも負けなかったからすね)

ここ9試合で見ると、26節から3連勝して、29節から3試合勝てず、32節からまた3連勝。

ここ3試合の得点は合計11点と爆発中。

守備陣も失点は少なめで粘っておりまずまずなチーム状況。

今季の4連勝となると第5節から8節の間で1度だけ達成しており、5節の相手は次の対戦相手となる水戸。

うむ、となると35節の水戸戦で勝てばさらに勢いが付くんじゃなかろうかと。

うむ、ここキーポイントかなーぁ。

わりとトリニータな日々

後半 一気に反撃 交代、ポジション修正実る トリニータ

昨日はDAZN配信不都合で失点シーンを見てなかったのですが、気になって見返しました。

いやまあ、あるあるレベル。

ここ最近は前からガツガツ来るチームがあまりなかったので忘れてたレベル。

残り試合を考えたら致命傷になりかねないので注意喚起には良かったかも。

町田と松本相手のときにはやっちゃならんですね。

わりとトリニータな日々

◇2018明治安田生命J2リーグ 第34節

山口 1-3 大分 (得点:松本、藤本、藤本)

なんだかDAZNの調子が悪くて試合開始から映像が映らず四苦八苦しました。

結局のところ前半が見れていないのですが、ミスで失点のようですから、見返さないようにしましょう、うん、そうしよう。

なんだかんだで、後半のおいしいところは見逃さず、失点を見ていない中での逆転劇により満足度は高いです。

満足度調査によれば、DAZNが映らないトラブルで「極めて不満足」からはじまり、、、

映像が映りだした後半から「どちらともいえない」となり、、、

怜の同点ゴールで「やや満足」へ変化し、、、

キーマン藤本の逆転ゴール&追加点で「非常に満足」まで上昇しました。

うむ、満足である。

わりとトリニータな日々

見どころ

勝たないと、、、というか3連勝しないと上位から離されるだけなので、目的はひとつ。

目的のためには得点が必要で、好調な攻撃陣に期待。

やっぱ今節のキーマンは藤本かなー。

とにかく勝ち点を持ち帰りたいという第34節でございます。