わりとトリニータな日々

もう何年振りか数えるのが面倒なのでどうでも良いですが、久々に購入予約したレプユニをクラトリで回収してきました。

ただ、使う予定が無い。orz

テンション上がらない。orz

でも、ユニはカッコいい!(≧▽≦)ノシ

サイズはXLを購入。

さっそく試着してみましたが、長袖シャツの上から着ても丁度良い感じでした。

もしかしたら少し小さいかもと思っていたのでひと安心。

マラソンの練習で▲4kg体重を落としたのが利いているようです。

試着した姿を見た嫁から「元の体重に戻るとパンパンになるよ」と忠告あり。

確かに放っておくと3ヵ月くらいで元に戻るので夏場ヤバいかも。

(゚Д゚)またマラソン出るか。

20年を振り返る,わりとトリニータな日々

世の中は新型コロナウィルス一辺倒ですし、Jリーグも延期ですし、感染拡大阻止に同意ですし、自宅でおとなしく時間を潰す以外に思いつきません。

そのまあ、思いつきのついでに頭を過ぎったのが「そういえばトリライも20年目だよね」です。

休日の外出も控えめになるこの時期に「20年を振り返る」カテゴリーを追加してトリライ開設1年目から簡単に振り返って見ることにしました!(前置き長い)

で、今日は初回です。

 

◇2000年(初年)のトリライを振り返る!(≧▽≦)

私がトリニータ観戦を始めたのが1999年(J2元年)からで市陸がホームです。

トリニータライフ開設が翌年の2000年の12月4日。

ご存知の通り、1999年も2000年も最終節でJ1昇格を逃してしまったという時代です。

トリライ1年目の2000年に何があって開設に踏み切ったのか?を振り返ってみると理由は2つあったと記憶しています。

(1)インターネットが楽しかった
当時のネット環境は最悪でアナログ電話回線のモデム接続で、使った時間に比例して電話代がかかる為、繋ぎっぱなしは避けて必要時だけ短時間利用。データの転送速度は極めて遅い。ISDN(デジタル回線)に変わったときは感動した時代。
そんなネット環境でもトリニータのアウェイ戦の情報が拾えるのはインターネットだけだった。(アウェイ戦の情報を上げてくれる人がいた)
また、99年は「2ちゃんねる」開設された時代でネット掲示板の楽しさを知った頃。

(2)仕事柄、HTMLが書けた
当時はホームページ作成ツールをPCに入れてホームページを作るか、テキストエディタを使い直にHTMLを書いて(コーディングして)ホームページを作るかが主流で、私の場合は後者(HTMLコーディング)です。当初はコーディングでトリニータライフを更新していました。(数か月後には作成ツールを利用(こちらの方が楽なので))
ネットの楽しさに併せて、自分でも情報発信して見たくなったことから、2000年シーズン終了後にトリニータライフを開設。コンテンツは観戦日記と掲示板というベタなものだったと記憶しています。

 

とまあ、開設したのも12月ですし、初回としてはこんなところです。

これから1年目(2001年)、2年目(2002年)・・・と振り返って見ようと思います。

わりとトリニータな日々

漫画『ジャイキリ』がJ開催延期を受け50話分を無料公開!「開幕で高まった気持ちを再開まで繋げる一助」

妄想してる場合じゃありませんでした。

コミックDAYSで『GIANT KILLING』50話分を無料公開だそうです!

きゃぁ!(≧▽≦)

さっそく読めるようにインストールして見ました。

確かにこれは、開幕で高まった気持ちを再開まで繋げる一助になると思います。

ただ、注意点として#50までは無料で読めますが、それ以降は有料です。(#250まであります)

うん、世の中の神はそんなもんだ。

わりとトリニータな日々

我らが聖地で「ワーキャー!(≧▽≦)」した余韻を残しつつ帰宅した頃に如何お過ごしでしょうか、こんばんは。

日本国内の様々な全国的なスポーツや文化イベントの自粛要請が政府から出された為、Jリーグ以外も寂しさが隠せません。

であれば、ホームゲームをした事にする妄想でも良いかか・・・などと思いながらtwitter開いたら既に実行されている大分サポさんが複数いらっしゃいました・・・orz

いやまあ、皆さん同じ思いなんだろうと。

ここは我慢して、寝て待て、寝て待ての精神で。

わりとトリニータな日々

【重要なお知らせ】3月15日(日)までの 明治安田生命J1リーグ 及び YBCルヴァンカップの開催延期と当面の練習見学・ファンサービスについて

どうしようもないと言いますか。

なんともしようがないと言いますか。

今がまさに感染の流行を早期に収束させるために極めて重要な時期とおっしゃっていますし、収まるのを待つしかありません。

手洗いして、普段から健康管理して、適度な湿度を保って、さっさと寝ます。

問題は何して待つかだな。

 

寝て待つか。

わりとトリニータな日々

大分トリニータ片野坂監督、カタノサッカーに影響を与えた「4人の監督」

4人の監督から学んだことは・・・、

〇西野朗監督:「チーム全体を見て、選手、スタッフをしっかりとマネージメントすること」
〇ペトロヴィッチ監督:「ゴールキーパーからボールをつないで攻撃を組み立てるサッカー戦術」
〇森保一監督:「選手やスタッフとのコミュニケーション」
〇長谷川健太監督:「勝負に徹する姿勢」

うむ、日本人監督3名からはマネジメントとかコミュニケーションとか姿勢とかであって、セルビア人監督からは戦術ということか。

マネジメント、戦術、コミュニケーション、姿勢。

4つを合わせると片さんになると。

個では辿り着けない集団的知性をピッチ上で披露されている訳で、そりゃまあ見てる方からすると面白い。

これが明快にハマった場合は格別な気分であることを添えておこう。

わりとトリニータな日々

トリニータ、遠い1点 リーグ開幕戦黒星

第1節のキーポイントとしてコーナーキックが上げられます。

昨季はセットプレーから2得点しか決めていない我らがトリニータ。

その事を思えば、そう簡単にゴールは決まらないとしてもコーナーキックを12本も取れたことに驚きました。

なにせ昨季は1試合あたり3.6本しかコーナーキックが取れていません。

この数字はリーグ最下位(18位)になります。

第1節は昨季平均の3倍です、3倍!( ゚д゚)

であれば、今季はこのままコーナーキック取得王を目指して行こうではありませんか。

ひたすらコーナーキックを取りに行けば、2、3本はゴールが決まるかもしれません。

なんにせよ「コーナーキック=入る気しない」の撲滅を望みます。

わりとトリニータな日々

◇2020明治安田生命J1リーグ 第1節

C大阪 1-0 大分(得点:なしよ)

私の試合前予想では2020トリニータの場合、新戦力を絡めて打てば打つほど得点が入る!ハズでした。

しかしながら本日の試合では、打てば打つほど(15本でも)得点が入りません。

ルヴァンカップと合わせて26本でも入りません。

CKが12本でも入りません。

これでは2019トリニータの継承です。

いったいどういうことなのか?( ゚д゚)

どういうことか?

もしかして、

もしかすると、

ま、まだ出来上がっていない!?щ(゚Д゚щ)

 

じゃあ仕方ないか。

わりとトリニータな日々

標達成に欠かせない攻撃陣の躍動。盤石の守備陣を打ち破れ

開幕戦は大事。

開幕戦は不安。

いえいえいえいえいえ開幕戦なんて何度むかえてもワクワクしかございません。

昨年の開幕戦前夜との違いは「勝てるかなー?」から「勝てるでしょ!」に変わっていること。

あーでも今のところ「何とか勝ちましょう」が心の底にあって。

「勝っちゃえよ」と強がり。

「まあ、勝っちゃうかー」との期待感も生まれております。

総じて「勝って」ということです、はい。

わりとトリニータな日々

【J開幕展望】指揮官が語るC大阪vs大分◎「難しい試合になる」ロティーナ監督対「主導権を持つ」片野坂監督

昨年の12月7日に2019J1リーグ戦最終節を終えてから約2ヵ月半ちょっと。

明日の湘南VS浦和@金Jからリーグ戦が開幕します。

我らがトリニータの第1節の相手は22日(土)@C大阪。

思い起こせば昨年の最終節で攻め手を欠いて完敗した相手。

さてさて、どうお相手するのかは片さん任せ。(まあな)

アウェイ戦ですから、勝利を祈りつつDAZNに向かい言葉にならない奇声が飛び交い、嫁から「うるさい!近所迷惑!」と罵られる期間に入ります。

さあ、皆様心の準備はよろしいでしょうか。

今季も楽しもうではありませんか!!(お願い楽しませて)