わりとトリニータな日々

2020明治安田生命Jリーグ 5月30日(土)以降開催予定の試合の延期が決定

さくっと発表されていますが、これでJ1は第16節まで開催延期が決定。

トリニータだと16節は鹿島@ホーム戦(5月31日)でした。

ちなみに次節の17節(横浜FM戦)が終わるとリーグ戦も折り返しとなるところ。

6月13日(土)以降の試合開催については未定で、もし、7月に再開できるなら第20節(7月1日@G大阪戦)からということになるでしょうか。

残り6カ月足らずで残りのリーグ戦33節とカップ戦。

本当に組めるのかね >> 日程くん

わりとトリニータな日々

リーグ戦100%消化へ特例措置提案…1会場で2試合同日開催やJ2会場でJ1開催など

日程くんが頑張って働いたようで6~8月再開時の日程シミュレーションを終えたそうです。

6月再開なら61試合分の日程確保可能、7月で53試合分、8月で44試合分。

なお、最終節を12月5日から20日にズラす前提で、ぎりぎり7月再開ならば100%日程消化が可能とのこと。

1会場でダブルヘッダー(J2を1試合、J1を1試合の計2試合など)もアリだそうです。

緊急事態宣言の延長は濃厚な状況にあり、6月開催は困難だと思います。

7月再開を期待したい。と言いますか、願うばかりです。

わりとトリニータな日々

さあ、皆様、明日からゴールデンウイークです!(≧▽≦)

今年はお家です。お家にいましょう!

ということで、やたら時間があること間違いなしの状態にて、やることを決めました。

  1. トリニータライフのデザイン変更。
    blog(Wordpress)のデザインをちょいちょい変更します。見る度にデザインが変わっていても気にしないでください。なんとなく変化しなくなったら終わってます。
  2. トリニータライフのパフォーマンス向上。
    PHPのバージョンアップします。データベース( MySQL)の バージョンアップをするかも知れません。おそらく、気づかないうちに終わっています。
  3. トリニータライフのセキュリティ向上
    テーマ(デザイン変更と同じ)をセキュリティレベルの高いものに変更します。SSLを採用してHTTPS 接続にするかも知れません。終わってたら安心安全です。

9日間あるので、ちょいちょいやって行きます。

やったからと言ってなんら良いことはありませんが、私の暇がつぶれます。

おっし、これで家にいれる。

わりとトリニータな日々

大分、19年度は黒字も危機感「存続と雇用を第一」

サガン鳥栖の赤字額20億円に驚くばかりだが、19年の鳥栖の売り上げは25億6千万円で、大分の売り上げ18億6千万円よりも7憶円多い。

鳥栖の説明によれば、トーレスが加入したことで3社とスポンサー契約を結んでいたが、トーレスの引退により、この3社が撤退して14億8千万円の減となっているとのこと。

その他もろもろ合わせて売り上げが4割減の急激ダウンで経営が回る訳がない。

というより2期連続の赤字のため、この前から火の車&自転車操業だった模様。

トーレスを獲得した当時、「鳥栖は金あるねー」って思っていたが、「トーレス来るなら金出すよー」だったということに。

増資で債務超過は回避しているが、まるで九州にあるどこぞのチーム(ああ、うちね)の二の舞にならなければ良いがと心配してしまう。

夢を追った攻めの経営はリスクが大きい訳で、それを実体験したどこぞのチーム(ああ、うちね)は、もう二度と同じ過ちを犯さないよう堅実経営を行う。

そして、どんな会社の経営者であれ、危機的な状況の際に最も守らなければならないものは雇用であるが、どこぞのチーム(ああ、うちね)のトップはそれが第一と口にする。

結果的に、危機的な状況を乗り切る為には、全てのステークホルダーが必死になれるかどうか次第なんだろうと思う。

あの時の大分のように。

20年を振り返る,わりとトリニータな日々

2006年は年間34試合で13勝8敗13分(勝ち点47)との結果。

順位も8位とJ1昇格から4シーズン目で安心・安定した成績を残せるようになってきた。

いまや人気?Youtuberとなった高松大先生が攻撃陣を牽引した年でもあり、A代表にも選出されている。(周作もA代表入りした年)

年間を通して安定且つ、大崩れしなかった功労者は、エジミウソンとトゥーリオの2ボランチであることは誰の目にも明白だった。

さて、トリライの方は単身赴任生活3年目に入る。

単身赴任を始めたころは川崎市の社員寮に住んでいたが、古くなった社員寮を閉ざす事になったので、横浜市の社員寮に引っ越すように言われたのがこの年。

暑い日に引っ越しをした記憶があるが、2度目の関東転勤になった際、あの社員寮どうなったのか気になって見に行ったら、綺麗に改装されて大学の寮になっていた。

まあ、間取りを考えると効率的な再利用方法である。

川崎から横浜に引っ越して変わったことは、最寄り駅から歩く距離が長くなったこと。

川崎の頃は最寄り駅から徒歩5分程度。

横浜に引っ越してからは最寄り駅から徒歩20分程度、しかも帰りは上り坂。

これが幸いしたようで、2005年から始めたダイエットに顕著な結果出始めた。

会社の健康診断結果は超良好となり、人間はやっぱ食べ物と運動のバランスが大切であると思い知らされる。

日常の単身生活とトリニータネタで日々更新されていたトリニータライフだが、ある日のことネット上で交流のあつた(実際にお会いしたことはない)甲府サポのサイトから「アホサイト」としてエントリーされる。

当時のサイトがまだ残っており『通称Aカップ』と呼ばれていた。

特に投票してくれとトリライに書いたことは無いが、アホサイトNo1に輝いた。

ちなみにNo2の「ごご犬の部屋」とはトリライの宿敵であるお犬様こと「いぬろぐ」である。(現在は活動休止中との理解(また始めてくれることを期待している))

お犬様との懲罰バトル(結果は負けっぱなし)が、トリライをアホサイトNo1に導いたのかも知れない。

改めてエントリーされているサイトを眺めて見ると、既に閉鎖、停止状態で、時代を感じる。

当時はSNSがある訳でもなく、なんとなく波長の合いそうなサイトの管理人さんにメールを送り、交流が始まる。

今の時代だとSNSからオフ会などに発展したりするが、当時はネット上のやり取りとメール程度でクールに完結する。

私が好んだサイトは少し毒があるサイト。

懲罰バトルに発展するのは極稀で、よほど毒の波長が合うか、相手のノリが良いかのどちらかである。

ということで、当時最も波長の合った?お犬様については次回(7年目)の振り返りで書いてみたいと思う。

わりとトリニータな日々

無観客再開なら「投げ銭」を検討…村井チェアマン「積極果敢にアイデアを」

ま、まさかJリーグが大道芸やストリートミュージシャンのような、称賛を兼ねた金銭の投げ入れを行うことになろうとは。

ただ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ライブができないミュージシャンがインターネット配信で投げ銭を採用している状況ですから、アリと言えばアリ。

無観客再開を望んでいる訳ではありませんが、これが採用された場合、散財しそうです。

しかも無意識に。

例えば、高木がうっかりミスして失点した場合とか。(そ、そっち?)

冷静でいられる自信がありません・・・(リーグは儲かる)

わりとトリニータな日々

【Tri’s Kitchen】監督・選手プロデュース弁当 販売のお知らせ IN大分まちべん(祝祭の広場)

絶賛発売中のためか。

バカ売れしているためか。

ぼったくりと言われたためか。(言ったの貴方でしょ)

うっかり調子に乗ってしまったのか。

いずれかは定かでありませんが、日付限定で「片野坂監督プロデュース」「高木駿選手プロデュース」「松本怜選手プロデュース」「町田也真人選手プロデュース」の4種の新商品が開発されました!(≧▽≦)

明らかに当初発売分の「必勝トリニータ弁当」より商品グレードは上がっているにもかかわらず、お値段据え置きとなっており、ぼったくり論を一掃しております。(商売上手)

いやー、片さんプロデュースの「カツ天”3”弁当」食べたい!Ψ(。・∀・。)Ψ

Stay Homeか、Go Buyか、究極の選択です。

わりとトリニータな日々

村井チェアマンが明かしたJ再開シミュレーション「最短6月13日」「8月再開なら…」

政府から発出された緊急事態宣言が先延ばしはほぼ確実な状況で、6月13日はちょっと難しいと思うが、7月ならばイケるかもとの期待感はあります。

状況次第で最後の最後の選択肢とされる無観客試合も受け入れざるを得ないと思います。

なによりもJリーグが再開できないということが最悪であって、再開できるなら全てを受け入れるしかございません。

なんなら映像もシャットアウトでも構いません!(そりゃ簡便して)

わりとトリニータな日々

Jリーグ クラブの経営リスクについて意見交換 新型コロナ

Jリーグに属するクラブは会社(企業)であり、収入と支出が成り立っていないとアウトになってしまいます。

儲けがでていようが資金ショートしたらアウト。

一方で、赤字でも資金ショートしなければセーフ。

経営のためには資金繰りが必要であり、今はこれが成り立たない。

Jリーグが再開できない中で、各クラブは資金繰りが出来ておらず、体力のない(資金を持たない)クラブは正念場になってきます。

新型コロナウィルス対策も先が見えない状況で、どこまでこれが持つのであろうかと心配になるばかりです。

国難ではありますが、J難でもあります。

わりとトリニータな日々

本日販売分の「必勝トリニータ弁当」「ニータンのくいしん坊弁当」「リッジーのおこさま弁当」計30食は完売したとのこと!(≧▽≦)

いやぁ、あのぼったくり価格で完売とは素晴らしい。(こらこら言い方)

明日もやりますとのこと。

このまま5月6日まで好調な売り上げが続くのであれば、これはもう大分FCは財政立て直しとして考えるべきかも知れません。

新型コロナウィルスが収束した折には、

「トリニータ カフェ」

「居酒屋 ニータン」

「スナック リッジー」

などの出店を。

少々のぼったくりでも儲かること間違いなし!(だから言い方)