わりとトリニータな日々

なぜ松本山雅はわずか2年でJ1からJ3へ転落したのか? 反町監督後のクラブにビジョンは…

落ちます、落ちます、落ちますって。

前例があるんですから2年もあれば平気で落ちますって。

簡単に「大分の場合は2009年の財政問題に端を発した部分があるものの・・・」で片づけれられても困りますって。

そりゃもう負のスパイラルってやつにハマった日にはもう止まりませんって。

ビジョンも何もJ2まじ怖いです。

わりとトリニータな日々

来季からJリーグでは100%の観客動員が決定! 一方で、声出し応援は引き続きなし

国際試合でしか満杯にならないスタジアムキャパを保持する地方チームです。

一生のうち1度でも良いです。

リーグ戦で100%の観客動員を見てみたいですわ!!

むしろ来季は激減しないか案じております、はいはい。

千客万来、千客万来。(御祈願)

わりとトリニータな日々

京都が12季ぶりJ1復帰…松本と愛媛がJ3降格

だいぶ来季のJ 2陣容が決まりつつあるようですが、既に降格が決まっている身としては九州が何チームになるのかがとっても大事なポイントです。

J1の最終節は12月4日(土)ですが、J2とJ3は12月5日(日)で、キックオフ時間に1時間の差があります。

これにJ3の結果次第でJ2が4チーム落ちるか否かという事態もプラスされ、なかなかのシナリオが組まれています。

うん、さすがだよ日程君。

わりとトリニータな日々

◇2021明治安田生命J1リーグ 第37節

大分 2-0 G大阪(得点:也真人、オウンゴール)

片さん最後のホーム戦で勝利したことは本当に良かったと思います。(涙・・・)

無事、生のカタノサッカーを勝ち試合で目に焼き付けることが出来ました。

6年間ありがとう片さん。

ただ、どうしても今季リーグ戦では2点取れるが3点目が取れない。

今日の前半戦の流れなら、3点目はイケそうな気がしたのですが、後半は横浜FCに流れを押し戻されてしまいました。

ある意味で今季を象徴したような試合だったのかも知れません。

残りはアウェイ戦で最終節と天皇杯。

できることならあと3試合、大分カタノサッカーを見てみたい。

わりとトリニータな日々

J2降格が決まった両者が激突。最後の力を振りしぼれ

消化試合だなんて思っていませんし、ホーム最終戦ですし、公式戦です。

むしろチーム事情としては天皇杯に向けて調子を上げて行かないとイケません。

また、本日は片さんの退任が発表されて寂しい気持ちもあります。

6年間の感謝を込めて明日はカタノサッカーを生で目に焼き付けておきたいと思っています。

で、ですよ、で。

目に焼き付ける訳ですから、これが負け試合だと困るのです。

一生残ります。

寝ても覚めても「負け試合・・・」が目の前をチラつきます。

そこのところをご理解いただきますよう、よろしくよろしく。

わりとトリニータな日々

大分トリニータを苦しめる「ケタ違い」の収益の少なさ!浮上の鍵は「収益・選手育成・チームスタイル確立」の「三位一体」向上【J2降格大分、陥落への道】(2)

プロスポーツも経営なので売り上げと利益で比較されて当たり前と思ってますが、これにチーム成績が紐付けられるのがプロスポーツの大事なところ。

収益が少なくても成績が良ければ称賛されます。

その反面で、成績が振るわなければ収益が最大の理由になってしまいます。

それは分かっているけども、収益を理由にしないチーム作りをしていると思っているので、ぶれずに続けて欲しいと思っています。

ただ、これには忍耐が必要ですよねーと。(降格する度に思うこと)

わりとトリニータな日々

J2降格のトリニータ  ホーム最終戦へ「有終の美を」

降格が決まったからと言って気落ちするようでは困ります。

むしろ足かせがなくなり爆発的に攻撃して頂いても構いません。

天皇杯もありますし、きっちりと勝ってもらいたいと思います。

ノルマは3得点でお願いします!(なにせ今季リーグ戦は3点取れていない…)

わりとトリニータな日々

我が家には伊佐から直筆サインが届きました。

1人で約200枚書いたとの事で大切に保管しておきます。

シーパス買ってくれると良いですね。(買えよこら)

わりとトリニータな日々

IT企業「ミクシィ」 サッカーJ1 FC東京の経営権取得へ

SNS ミクシィを運営する会社として創業したはずが、いつの間にかスマホゲーム(モンスターストライク)で売上の大半をしめる会社に変貌。

今度はスポーツビジネスも手掛けることになりそうです。

生き残る会社は常に変わり続けていると言われていますが、これですよこれ。

大分トリニータも変わり続けるべきです。

おっし、まずは野球でもやって見ますか!!(なんでー?)

わりとトリニータな日々

片野坂監督が若手選手へ“メッセージ”「そこは非常に残念」。来季J2降格決定

「やはり得点を取ることだと思います。J3、J2、J1と指揮をとらせていただいて、ゴールキーパーから構築し得点を狙っていく形に取り組んできました。やはりこのJ1の強度や質を上回り定着するには、それだけでは足らず、前線の質、フィニッシュに至るまでの個の能力の部分でも上回っていくことは必要になるのかなと感じています」

私もそう思いまーす。

コロナ禍じゃなければ、スタジアムで点取れー!、こら点取れー!叫びまくってまーす。

といいますか、J3を含めて4回も降格を見ていると立ち直りが早いもんですね。

1日で戻りましたよ、あははははは、はぁぁ・・・(少々ダメージ残りあり)

何れにしてもまだあと2試合+天皇杯があります。

若手を含めて点を取ることに拘りを見せて欲しい。

いや、こら点取れー!!!!(声出し禁止です)