明日はアウェイで札幌戦@第6節。

同じ源流から枝分かれした師弟が初対決。極上のエンターテイメントとなるか

今節のポイントはタイ代表だと思います。

札幌のキープレーヤーであるチャナティップと我らがニューの対決はとても重要なポイントだと思うのです。

そこに注目しています。

ただ、言われる通り師弟関係にある監督采配も興味深いものがあります。

所謂サッカー界の「暖簾分け」対決だと思います。

決して「フランチャイズ」対決ではないのです。

「暖簾分け」と「フランチャイズ」は異なります。

「暖簾分け」とは同じ源流である師匠の元で働いて、その努力が認められ円満な形で独立するシステムです。

「フランチャイズ」とは同じ源流のフランチャイズ本部から確立されたシステムを使う権利をもらうというコピーのようなものです。

暖簾分けは独自性を持ちオリジナリティを生みます。

場合によっては暖簾分けした方が勝る場合もあるのです。

うん、世の中そんなもの。(はいはい、途中からラーメン屋です)