2005年(5年目)のトリライを振り返る!

2005年は年間34試合で12勝15敗7分(勝ち点43)との結果。

J1昇格して3シーズン目で初の2桁勝利、得失点差+1を記録している。

チームは開幕から下位に沈み迷走したものの、皇甫官解任後に第23節から指揮をとったシャムスカが快進撃を見せる。

残り12試合で7勝2敗3分(勝ち点25)と急速的な巻き返しで最終順位はJ1過去3年間で最高の11位。

第23節の浦和戦で勝利した後にマグノが残したコメント『まだ大分は死んでいない』と『シャムスカマジック』がこの年の流行語大賞となった。(地元で)

さて、トリライの方は単身赴任2年目を迎える。

記憶は薄れているが宿敵の「お犬様」と絡み出したのが2005年あたりから。

おそらく2008年頃までが懲罰バトルのピークだったはず。

そこは追々思い出しながら書くとして、2005年で最も記憶に残っているのが「ダイエット」。

マイブームですと言い放ち、晩御飯をblogに載せるようになる。

単身赴任のため、外食か、スーパーのお惣菜か、お弁当か、稀に野郎の手作り料理となる。

当時は、トリニータネタか晩御飯ネタかという時代で、晩御飯ネタはアホっぽいという事で好評だった模様。

なぜ「ダイエット」に走ったのかというと、初の単身赴任生活で暴飲暴食が過ぎたころ、会社の健康診断を受診した結果、1年で様々な数値が急激に悪化。

体重も異常なほど増加。

健康指導のお姉さんから「こんなに急に数値が悪くなる分けがないです!」「普段何食べているですか?」「カロリーって言葉を知ってますか?」と怒られる。

ここから思いついたのが「ダイエット」+「晩御飯ネタ」。

東京で電車通勤だと歩くので日々の運動に問題はないが、食の誘惑はヤバくて毎日外食に走ると体重増加がしゃれにならない。

晩御飯の写真をblogに公開することで抑制につながり、翌年の健康診断で数値は抑えられた。

やっている本人は至って真面目にダイエットとして公開していたのだが、周りから見るとアホっぽかったようで、某サイトに以下のコメントが残っている。

ということで、2005年から2006年に使われていたこのサイトの正体は次回(6年目)の振り返りで書いてみたいと思います。