存在意義。

「プロ野球とJリーグが苦悩する新型コロナの〝二次被害〟」

クラブも選手も不安な状況で、色々と難しい問題は出てくると思うが、いままで起きていない事が起きており、先ずは収束優先でしょう。

収束後は速やかに復旧へ向かうべきだが、決して簡単な事では無いだろうからそれなりの覚悟は必要でしょう。

迷えば理念に立ち返れば良し。

Jリーグ理念のひとつである「豊かなスポーツ文化の振興及び国民の心身の健全な発達への寄与」が大事。

同じく、大分トリニータの理念は「サッカーを通じて、大分の活力に貢献する」である。

理念とは普遍的な「存在意義」である。(今日はオチ無いよ)