自由と拘束。

Jリーグ「在宅」先取り 転機は東日本大震災

働き方改革のテレワークと、感染拡大防止のテレワークは目的が違います。

働き方改革の場合は「場所にとらわれない柔軟な働き方」が目的。

感染拡大防止の場合は「3蜜を避けるために自宅で働く」が目的。

前者と後者では圧倒的に働く環境が違ってしまい、前者は「自由」で、後者は「拘束」だと思います。

例えば、前者ならばスタバでコーヒー飲みながらもOKです。(セキュリティは確保すべし)

拘束のテレワークは大変で、業務効率は上がらず、長期間続けるとメンタル的にもキツイと思います。

今は感染拡大防止と3蜜を避けるための手段として最も有効だと思いますが、収束した際には「場所にとらわれない柔軟な働き方」を思い出して欲しいです。

私にも自由を!(あ、それが言いたいのね)