ホームアドバンテージ。

【大分】川崎から加入したFW知念慶が静かに熱く燃えている「プレーの幅を広げ、サイドからの得点の形を確立したい」

知念が言う通り、海外の無観客試合を見ていても練習試合感が満載です。

そもそもホーム&アウェイ方式であればホームチームにはアドバンテージがある訳で、そのアドバンテージの大半は観客の歓声(ブーイングやプレッシャーなど)のハズ。

無観客ならホームチームのアドバンテージが薄れます。

薄れた中でのプレーになりますから、いかに緊張感を維持してモチベーションを上げるのが課題でしょう。

課題といえばもうひとつ。

文面にある「当面は昭和電工ドーム大分であれば5000人以下で開催」。

なお政府の見解をもとに、このまま新型コロナウイルスの感染拡大を収束していければ、リーグ戦は7月10日以降、段階的に観客を動員。当面は昭和電工ドーム大分であれば5000人以下で開催されることになる。

この条件ならば、シーパスの数が上回るんじゃなかろうかと思う次第です。

これは困るでしょう。

ならば、可動席を出そうぜ、可動席!(連日の連呼)

パイプ椅子持ち込みでも良いですか?(だからダメだって)