今季はやや控えめで始まる。

第4節が終わって昨季のシーズン初めと違いを感じるのは走行距離。

なにせ昨季の第4節が終わった段階で『J1リーグで「1番走るチーム」は?1位と18位は驚きの差』てなネタが上がるほど走ってました。

今季は第4節までのチーム平均走行距離のトップが横浜FMの119.298km。

続いて湘南、名古屋、4位に大分の117.386kmとの結果。(まあ、それでも上位の方)

ちなみに平均走行距離の最下位(18位)がFC東京で、17位が川崎。(走らなくても勝っちゃう)

昨季の序盤戦では120.443kmですから、その差は3.057kmで、タクシー代金だと1,100円ぐらいで、自転車だと20分ぐらい。(こらこら例えが良くありません)

単に走れば良いと言う訳ではないのと、戦術的な違いもあると思います。

また、昨季の途中からロングボール多くなったなーと思った時もあったのですが、今節は最初からそう思ってます。

これから試合数が増えていくとまた違ったデータが見れると思いますが、昨季とは異なる雰囲気を感じます。