No13の覚悟。

トリニータ 「13番を背負うことで僕の意気込みを伝えた」伊佐耕平

 

伊佐の最後の言葉「ずっと大分でプレーしたい」を見て、

 

「し、しまった、今年のレプユニはやっぱ”13番”だったか・・・」

 

という、優柔不断な面の解決策が、

 

「ずっといるなら来年でいいかー」だった今日この頃。