安全健康が最優先。

Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン改定に伴う試合開催方針について

有観客試合のガイドラインがJリーグから出ていました。

やはり緊急事態区域と区域外で対応が異なるようです。

大分FCが発表した開幕戦(2月27日)とルヴァン@GS第1節(3月2日)では50%で14,000人上限の運用とのこと。

当面は入場者数上限50%運営で致し方なしと思いますが、制約なしなんてことは今シーズンも無理かなーって感じです。

コロナ禍のシーズンも2年目。

観戦する側も運営する側も感染予防スキルはアップしていると思います。

なんにしても安全健康が最優先。