狙い目理解。

浦和の“下がる瞬間”が狙い目 大分に5戦ぶり勝利を呼んだ「怖がらずに出ていく守備」

浦和が下がる瞬間が狙いだったことは、試合後の会見でも言葉にしている。

狙い目は理解した。

どの試合でも狙い目はあるだろうし、これまでもハマる場面はあったけども、点が取れるか取れないかでは大違い。

ハマったらさっさと取るべきですな。

遠慮してはいけません。

どうぞ次のG大阪戦からは遠慮なしで。