今回はJ1第32節の7試合とJ2第34節の6試合。

10月16・17日「J試合勝敗予想」順位の差は結果に直結しない「7位・サガン鳥栖vs17位・湘南ベルマーレ」「5位・浦和レッズvs14位・ガンバ大阪」

五分の対戦が続いているカードは、他にもある。大分トリニータとベガルタ仙台の対決だ。  2018年以来、過去3年間は1勝1敗を繰り返してきた。今季最初の対戦では、仙台がホームで2-1と勝利を手にした。過去3年のリズムに乗れば、今回は大分の勝利。最近の調子をみても、やや大分優位と考える

「倍率ドン!」

うん、サッカー批評編集部に3000点!(古いっ)

toto当たらんすねぇ・・・(ほぼ毎回ネット買い)