単に今季の昇格ルールと思ってた。

夕方から暇になったのでネットで遊んでたら「J1昇格プレーオフ制度」を問う記事や掲示板へのコメントを多く目にした。

試合前にはネット上で「昇格プレーオフ煽りV」。

関東の電車の中では「日本一残酷な、歓喜の一戦V」が流れていた。

概ね盛り上がりを見せ、客観的に「面白かった」との声が多い。

そんな中、 リーグ戦下位チームが勝ち進む事で賛否両論あるのは当然だと思うが、ネットを見ている限り、少し分類される傾向にある。

分類は「J2サポ」と「それ以外(含むジャーナリスト)」。

J2サポは、昇格プレーオフに対する是か非を問う声が少ない。

多分これはシーズン前から今季のJ2リーグをどう見ていたのかの違いだと思う。

普通のJ2サポなら開幕前に考えた事は「是が非でも自働昇格を狙う、ダメなら最低でも6位以内、あとは一発勝負に賭ける」だと思う。

普通に私もそう思ってた。(大分は借金返済問題もあったが)

わざわざ昇格プレーオフなんてやりたい訳が無い。

是か非かじゃなくて単に今季の昇格ルールだった。

となるとネット上で目にした意見は、当事者と第三者の分類になるのかも知れない。

少なくとも私は第三者じゃなさそうである。