わりとトリニータな日々

あと一歩踏ん張れず

田坂の言う通り、負けていて いい試合は無い。

確かに無い。

勝負の世界は甘くない。

勝ってこそナンボの世界である。

ただ、無いのは承知であるが、ちょっとぐらいあってもいいんじゃないかなと思うときがある。

それは、次に繋げられると感じた場合である。

開幕は不安から始まり、圧倒され続ける時間帯が試合を重ねる度に少なくなっていく。

毎試合失点しているが、得点もしている。

明らかに成長は見て取れる。

新戦力も加わった。

チームとしての戦い方も目に見えるようになり、次に繋がると思えた。

ならば、ならば、ならば、いつ勝つの?

次でしょ!!庶民で流行ってます

わりとトリニータな日々

ナビスコ杯 C大阪
■2013 ナビスコ杯 予選リーグ 第2節
大分 1-2 C大阪  (得点:丸谷)

桜の季節であるからして、負けたのはしょうがないじゃない。

開始1分以内で失点・・・まぁ、ある意味、事故みたいなもんじゃない。

早々に失点したためか、いつもとは異なり積極的に仕掛けて期待が持てたじゃない。

いったんは追いついたじゃない。

やっぱ失点を抑えないと勝てないじゃない。

春なのにこのまま勝てないとうちの開花宣言ができないじゃない。

けど、東京では早々に開花宣言されていたので花見を満喫しちゃったじゃない。

新宿御苑 桜 @新宿御苑

六本木 桜坂 @六本木 桜坂

やっぱ今日は、大分も東京も桜満開!だったじゃない・・・・(オチてないし)

わりとトリニータな日々

ヤマザキナビスコカップ 大分 vs C大阪 プレビュー

いくら桜の季節だからと言って大分で咲かれちゃ困ります。

プレビューにも書かれていますが、試合を重ねる毎に成長を少しづつ感じているのは同意。

今季5試合目の公式戦に期待します。

ところで話しは変わって、助っ人ロドリゴ・マンシャのプレー映像をYoutubeで見ました。

守備の強化だけで獲得した訳じゃないだろうし、早く実際のプレーを観たくなりました。

ただ、容姿を拝見した限り、26歳とは思えず、近所のおっさんに見間違えました。(おい)

近所のおっさんが、あのパスを出すと思うとシビレマス。

わりとトリニータな日々

ナビスコ杯@新潟
■2013 ナビスコ杯 予選リーグ 第1節
新潟 1-1 大分  (得点:木島)

一昨日から仕事でへろへろになると予定してたので事前に本日は休暇を取得。

おかげでナビスコ杯@新潟戦の録画観戦を家でゴロゴロしながら堪能できました。

さてさて、後半は毎度の如く一方的にやられたと噂で聞いてのですが、そんな事は無いですね。

先制して追いつかれるのは毎度のパターンで、その後は点を失わない。

特段、望みはしませんが、今はこれが得意な試合運びになりつつあります。

何ともスッキリはしないが、悪い方に向かっているとも思えない。

悪くなきゃまぁ良いかと思う面もある。

何とも悩ましいのである。

不思議である。

あと、辻尾ジャパンも摩訶不思議である。

わりとトリニータな日々

ちょいと2日ほど仕事で不在にしていましたら、補強してたりナビスコ杯が開幕してたりしました。

この間、あまりネット情報を見ていないので浦島太郎に近いです。

それにしても勝利が遠いすね。

次の試合は是が非とも勝利を見たいものです。

わりとトリニータな日々

宗麟プロモーション検討委

「~よみがえれ!南蛮文化発祥都市 おおいた~戦国一の『NANBAN』大名 大友宗麟」

弱い、残念ながら弱い。

そもそもプロモーションとは、認知、好感度、ブランドロイヤリティなどを促進・向上させる活動である。

昨年企画した「J2天下取り物語」の方が認知、好感度のインパクトがある。

何せ私はこの企画で家臣に犬と亀がいることを初めて知ったのであるし、なんと亀は甲府まで遠征に行き鈍い動きを売りに認知度アップに努めたぐらいだ。

メジャー武田信玄vsマイナー大友宗麟ぐらいのインパクトは必要ではないか。

ただ、完敗すると全てが水の泡になる事は昨年経験済みだ。(だめじゃん)

わりとトリニータな日々

社長の修羅場上等宣言に同意して突入した2013J1シーズン。

3節終わっても花は咲かず。

苦労は百も承知であるが、いつものシーズンとは異なり実に長く感じます。

まだ3節なのに”へろへろ”感があるのです。

おそらくは、守備に比重をおかざるを得ないチーム状況から、1節、1節の間に”へろへろ”が入ることで長く感じるのであろうと思います。(どういう意味かねー)

心情としては、早々に花を咲かせたい(勝利を見たい)のですが、「急がば回れ」とのことわざもあります。

回り道をした方が、目的に早く達する場合もあります。

そこで回ってみました。(え?)

水戸まで(え?)

水戸の偕楽園は梅の花で満開でした。

ま、3節と4節の間には”へろへろ”じゃなくて、”なびすこ”が入るので、ひと息入れるには良い時期かも知れません。

梅(白) 梅(白)

梅(紅) 梅(紅)

梅(アイス) 梅(アイス:カリカリ梅粒入り)

水戸黄門いた 日本全国行脚のおっさん(黄門さま)

水戸は春だった。 (≧▽≦)

わりとトリニータな日々

20130316
■2013 J1 第3節
大分 2-2 浦和  (得点:丸谷、高松)

開始5分で馬鹿笑いした事は深く反省します。

ウハウハで2点目が取れたから”勝ったね”と思った事も深く反省します。

開始5分で”やっぱりそこだったね”と確信した事も深く反省します。

というか、5分で試合終われよ、バカ野郎・・・

まぁ今日は開始5分が全てでした。

3節続けて先取点は上げるものの、後に相手から攻め立てられて私の胃がキリキリしちゃう所を何とかせねばなりません。

選手からは”J1に慣れて来た”とのコメントが聞かれ”ドM傾向”にありますが、このままでは私がストレス性の胃潰瘍になりそうです。

ただ、被シュート数は、第1節:21本、第2節:18本、第3節:16本と確実に減少。

せめて被シュート数がこのまま減少傾向を継続すれば胃潰瘍の特効薬となりそうです。

次節は14本とかにして、お願い。

わりとトリニータな日々

横綱・浦和に小兵力士・大分が組み手を変え挑む

ふむ、横綱と小兵力士ですか。

ふむ、がっぷり四つだと押し切られますか。

ふむ、組み手を変えれば面白いですか。

ふむ、付け入る隙はないですか。

ふむ、アウェイ大分と高松は鬼門ですか。

ふむ、そこですか。

そこしかないね。

そこだよそこ。(どこ?)

わりとトリニータな日々

大分がブラジルECヴィトーリアからMFロドリゴ・マンシャを獲得か

世間で噂になってると聞いたので見にいったら、驚いた!

大分FC

おおおおっ、大分FCもついにサイバー攻撃の標的ですか!?

昼間にこんな事件があったとは。щ(゚Д゚щ)

しかも皆でWarningで盛り上がってる。

ま、単にPHPエラーですけど、盛り上がるね。

俺なら、げっファイルオープンできねぇ、何か間違えたっけかで盛り下がるね。

というか、オフィシャルサイトは昼間からメンテでもしてたのか?

(というか、そっちに食いつきますかね)