わりとトリニータな日々

◇2021明治安田生命J1リーグ 第5節

C大阪 1-0 大分(得点:ゴールポスト)

DAZNの解説があまりにもホーム寄りなものでイライライライラ!しながら観戦しておりましたが、アウェイでもあり腰を据えた守備で粘り強く戦ったと思います。

しかしながら、あっちのポストは入って、こっちのポストは入らない。

こっちはポストが嫌って、あっちはポストが好いて。

あっちで、こっちで、どないやねん!みたいなもんですよ、この野郎。(はいはい)

まあ、愚痴っても仕方がない。

今日のところは諦めるが、よくよく振り返ると「あーもう、決め手がねぇなー」と思えるようになってきたのは少し進化した証。

なにせついこの前まで「試行錯誤しとる」でしたから。

ただし、肝心の「決め手」になると長い話になるんじゃなかろうかと思う次第です。(うん、いつもそうだね)

わりとトリニータな日々

絶賛攻撃力発揮中。C大阪をけん引する2人のキーマン

さて、中2日でアウェイ戦。

現在4位につけるC大阪が相手ですが、比較的失点が多いのでつけ込む隙はあると思っています。

当方としてもリーグ戦は負けなしできていますし、試合内容も徐々に良くなってますし、毎試合で得点は取れていますし。

今日のところはポジティブ思考で終わっておきたいかなと思いますし。

おっし、ネガティブ要素はありません。

あーでも、あーまあ良いか。

ひとまずポジティブ思考で片さんの采配を信じます!(≧▽≦)

わりとトリニータな日々

【大分】「同点ゴールは嬉しいですが…」チームに勝点をもたらした町田也真人が反省しきりだったワケ

いやまあ、1週間の準備期間はあったけども簡単な相手じゃないので、貴重な勝ち点1だったと思います。

中2日でこれまた簡単な相手じゃないのと戦う訳ですが、もともと2連戦を意識して準備していたハズ。

ここでどういうメンバーを使ってくるのかが実に興味深い。

第4節の先発から6人、いや7人は代えてくると予想しました。(概ね当たったことはない)

わりとトリニータな日々

◇2021明治安田生命J1リーグ 第4節

大分 1-1 FC東京(得点:也真人)

第1節よりも、第2節よりも、第3節は無しで、第4節の方がチームとしてやりたい事が出来つつあります。

そりゃまあFC東京の外国人FWの脅威もあって、苦労しているところは否めない訳ですが、守備からの戦術浸透度は徐々に良くなっているように思えます。

73分の交代(伊佐と刀根)からはギアも上がり、少々の運があれば勝てたかも知れません。

今日のDF3枚の組み合わせなら、やっぱ羽田がセンターで坂は右の方が良いかなーとも思えました。

何にせよ試行錯誤の開幕戦から3試合を終えて負けていないのが素晴らしい。

第3節(G大阪戦)が流れてアウェイ連戦を免れたプラスポイントは意外と大きかったかも知れません。

マイナスポイントも修正されつつあり、期待値は向上。

昨夜の「プラスポイント+絶対勝つ!=マイナスポイント」を思えば上出来の勝ち点1です。

次節は中2日でアウェイ(C大阪)戦となりターンオーバーは必然。

次節をどう乗り切るのかが、今後の連戦を占う事になるでしょう。(天気予報@晴れのち曇りでしょう風)

わりとトリニータな日々

ビルドアップを再構築中の大分。FC東京のプレスをかわせるか

第3節がお休みになりアウェイ連戦を免れて負担が軽減されたのはプラスポイント。

第2節での今季初勝利もプラスポイント。

また、公式戦3試合を経過して全てのフィールドプレーヤーが出場し、誰が出ても良い状態なのもプラスポイント。

あとは相手と戦術と調子のよい選手をチョイスすれば、おーけー、おーけーなハズ。

なんですが、公式戦3試合の全てで相手に主導権を握られているのが最大のマイナスポイント。

要は「プラスポイント < マイナスポイント」でマイナス要素がプラスを上回れない。

この様相が頭から抜けないので、後は精神論を入れるしかない。

となると「プラスポイント+絶対勝つ! = マイナスポイント」でやっとだな。

うむ、今日のところは”=”で許したる。

わりとトリニータな日々

帰宅りました!(≧▽≦)

約1年ぶりの出張でございましたが、仕事場とホテル以外に滞在せず。

公共交通機関(飛行機とモノレールと電車と新幹線)ではマスクを外さず。

検温と手洗いとうがいの徹底。

という4日間を過ごした訳ですが、よくよく考えれば、ひと昔前の出張とは大違いです。

もっと、こう、なんと言いますか、仕事している時以外はもう少し気楽だったんですけどねー。

おかげで移動中にタブレットで映画4本観賞と電子ブック1冊を読み終えましたわ。(随分と気楽じゃねーか)

わりとトリニータな日々

野村直輝選手 怪我の診断結果について

うーん、焦らずにしっかり完治して欲しいと思います。

復帰をお待ちしております。

さて、お仕事の方も概ね片付けておりまして明日には大分へ戻ります。

次は、FC東京戦です!

わりとトリニータな日々

G大阪、トップチーム2週間程度の活動休止 リーグ6試合連続中止に

これはちょっと厳しいですね。

まさか6試合全ての代替試合が組めないとは思いませんが、何試合かは「みなし試合」が出てきそうな。

いやもう頑張れとしか言いようがない。

それにしても、もともと試合が予定されていた日に試合がないのは、なんだかポッカリと空きが出てしまった気分です。

おかげで仕事に没頭できています。

きっちり片付けて大分帰ります。

わりとトリニータな日々

G大阪10日の大分戦も中止に 3試合連続

今日は約1年ぶりにコロナ禍で途絶えていた出張に出ています。

大分空港で東京便に乗った際、トリニータの社長様をお見かけしたので、ああ、やっぱ明日は中止ねと思った次第ですが、もともとガンバ戦に合わせて東京から大阪ルートだったかな。

何にせよ、ガンバはクラスターとなると明日どころか当分は無理なんでしよう。

ACLもあるから今後の日程は確実に苦しくなります。

対岸の火事と思わず、どのチームも感染予防に努めるしかないと思います。

それにしても今シーズンの「みなし開催」というレギュレーションは厳しいの一言。

わりとトリニータな日々

最も走ったチーム&選手は…J1第2節の走行距離発表

第2節の走行距離が発表されました。

案の定、第2節も結構走っていまして、走行距離トップの鳥栖(124.957km)に続いて大分は2番目の距離(122.411km)となっています。

というのも第1節は大分の走行距離(125.513km)がトップでした。

なにせ第1節も第2節も相手がボールを持つ時間が長くて、ほぼほぼ守備に追われており、走らされている感が満載でした。

選手の疲労蓄積にならなければ良いのですが、少々気になります。

ケアしなきゃならない要素が、過密日程と選手層が薄ければ疲労&怪我とコロナ禍の感染対策と。

小難しいシーズンだなぁと実感します。